「ほっ」と。キャンペーン
<   2004年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧
不安はない
北海道に1泊し、新千歳モーターランドに行き、再度車の調整をしました。
話し合いの結果、自分の思うように車を作って頂けたので一安心です。

当然レースに出るので勝ちたいけれど、今回は自分自身の為でもあり、
僕のことを心配して頂いているみなさんの為にも走ります。

【勝ち】にこだわらず、【完走】=【結果】だと思います。
勝ちにこだわりクラッシュをしたらみなさんも悲しむし、応援して頂ける方々を
裏切る形になってしまうと思います。

もし仮に1周だけしか出来なくても「よくここまで頑張った。」と思って頂ける方が
嬉しいです。
c0026025_0241413.jpg

[PR]
by piroracing | 2004-11-30 23:23
北海道
北海道に今週末のレース用カートの最終打ち合わせに行きました。
当初、日帰りの予定でしたが、新システムのことなどで1泊することになりました。

実は12月1日に関係者のみで復帰パーティーをします。
ここ最近、バタバタしていたのもこのことででした。

1泊するということはパーティーの打ち合わせが丸1日出来なくなり、
準備も整っていないのにどうしよう・・・。
僕が帰れないことでまわりもいつも以上に頑張ってくれていると思うと・・・すいません。

ただ、レースの車は妥協して作りたくなかったので居残らせて頂きました。
不安要素は作りたくなかったにで・・・

寒すぎです。マイナス5度って・・・初体験でしたw
c0026025_023129.jpg

[PR]
by piroracing | 2004-11-29 23:21
資格試験
今日は福祉住環境コーディネーターの資格試験でした。

会場に着き、人気がなく、「本当にここで合ってるのか?時間間違えたかな・・・」
と凄い人数が受けると聞いていたのでビックリしました。
会場内に入ると僕を入れて10人強。「えっ嘘ーー」って思い、着席しました。
その会場は障害者用の会場みたいで聴覚、視覚、僕らのような車椅子ユーザー
だけでした。

このような資格は正直、僕等のように体験していないと分からない部分が多いので
是非、障害者のみんなにも受けていただきたいです。

試験自体は・・・ひみつでw

試験終了後、最近寝る時間が無かったので2時間爆睡し夕方、カート時代に
御世話になっていたカブヤマレーシングに行き、12月4日5日で使うシートを加工
して頂きました。
僕は何も手伝えなくて歯がゆかったです・・・
みなさんに助けられてると改めて思いました。ありがとうございました。

明日は8時半の飛行機で北海道へ行きます。レース前の車の調整をしにいきます。
寒いんだろうな・・・氷点下と聞きました・・・
c0026025_0214822.jpg

[PR]
by piroracing | 2004-11-28 23:21
東京中日スポーツ様
今日の東京中日スポーツ22ページに取り上げて頂いています。
正直、あんなに大きく取り上げて頂けるとは思いませんでした。

是非みなさん買って見てくださいね。

ネット上で少しだけ出ていました。

東京中日スポーツ

長屋、大クラッシュから復活

明日は「福祉住環境コーディネーター」の試験です。
最近忙しすぎて勉強が出来ていないので・・・一応テキストは最後まで読んだが・・・
それだけで受かるような簡単なものではないしな。
まさかこんな忙しくなるとは申し込みの時には思いもしなかったです。

やれるだけのことはします。頑張ります。
[PR]
by piroracing | 2004-11-27 23:18
今日は疲れた・・・
10時に赤坂のフォーミュラードリームオーガニゼイションにお伺い
することになっていたのですが、赤坂まで行く手段がなくて悩んでいたら、
藤井君が電車ならオッケーと言うのでお願いしました。

普段から遅刻をすることがないので久々に焦ったけれど、
時間ギリギリで間に合いました。
みんなが頑張ってくれているのにこの企画をぶち壊してしまうと思っていたので
一安心しました。

車椅子生活になってから初めて通勤ラッシュに出くわしました。
電車移動ですでに辛いのにラッシュは想像以上でした。
人がぶつかってくるし、丸の内線初体験でエレベーターの場所が分からず迷いましたw

一つ気になったことがありました。
それは駅員が営業マンのように気を使っていろいろやってくれることでした。
断ると次の駅員が来て僕を見たら「スロープはいりますか?」と絶対聞くので
最初は「気配りの出来た人ばかり」と思っていたのですがFDOに着いて聞いたら
「一回僕が駅員さんを使うことでお金がもらえるのでは。」と聞き、
それが本当であればあれだけ頑張ってくるのはわかるけれど、そうでない場合
あれだけやってくれることは凄いです。

本当はどっちなのでしょう・・・

FDO行った後はリハビリに行き、夕方自宅へ帰り、取材内容等訂正し、
新宿の東急ハンズで必要なものを買い、地元でレース等の打ち合わせをしました。

文字で表すのは難しいけれど本当に忙しいです。僕が車椅子でなかった頃でも
ここまでいっぱいいっぱいなことが無かった気がします。
周りの人達が頑張ってくれているので僕はそれ以上に頑張らなくてはいけない
と思っています。

頑張りますね。
[PR]
by piroracing | 2004-11-26 23:17
取材
午前中、区役所の方が来て介護ヘルパーさんのことなどで来ました。

午後は13時から2時間半、毎日新聞様の取材を受けて4時から2時間東京中日スポーツ様
の取材がありました。

終わった後、藤井君と合流し、青山の会場の下見に行き、吉祥寺の焼鳥屋で
ご飯を食べ、中野経由成城にてみんなでミーティングをしました。
またいろいろ良い案が思い付き、収穫がありました。

ふと気付くと夜中の2時で帰ろうと思ったら左リアタイヤがパンク・・・。
ガソリンスタンドで修理して頂き、家に着いたのは4時過ぎていました。

最近、毎日2時間くらいしか寝ていなくて辛いです。今日は寝れると思ったのに・・・
[PR]
by piroracing | 2004-11-25 23:16
ニュートリションアクト様
今回のイベント・レースのメインスポンサーになって頂いた
ニュートリションアクト様にお邪魔し、打ち合わせをしました。

まだここでは言えませんが、大きな事を僕らが考えていて
そのことにニュートリションアクト様が協力して頂いています。

絶対成功させて見せます。

夜は玉ちゃん(玉虫君)とお台場デート行きましたw
前、日記に書いたゲームをやり、TIサーキットを走りましたww
俺はお化け系が苦手なので逃げていましたwww
c0026025_01784.jpg

[PR]
by piroracing | 2004-11-24 22:15
長屋山大噴火ぁぁぁぁああ
今、玄関の改装しているのですが、ほぼ出来上がり昨日確認してみたら
ミスだらけ。それを見ていて僕が今週末受験する福祉住環境コーディネーターの
ことと照らし合わせてみてもその通りにはされていないのが分かり、即話し合いの場を
設けました。

今日10時に建築会社社長さんとの話し合いの場を設けたのですが、
僕の場合、仕度に時間が掛かるので着替えをしていたら、9時半過ぎに
急に来て「まだでしょうか。」と言われ、第1次噴火が起きました。
10時の約束で9時半で「まだ」と言われたのがカチーンときました。

10時5分前に呼び出し、話し合いが始まりました。
ミスが10箇所。このことを言う前に「設計図み見せてください。」と言ったら
「作っていない。」と答えられ、この時点で勝負は決まりましたねw。
プラモデルでも設計図なしで作るのすら難しいのに・・・ないってあんた。。。
1つクリアーしても最終的にかみ合わないのなんて小学生でも分かります。


第1の問題点:玄関のスロープから攻め立てました。
僕の立場になってもらい、社長さんを車椅子に乗せて体験してもらいました。
社長も無理と判断。ミスと認めました。スロープが急なこと、上りっても平地がなく、
玄関の前で一旦停止が出来ないこと。ドアに段差があることでした。

第2の問題点:工事前最初にバリアフリーの資格を持っていると言っていましたので
確認したら僕の受験する「福祉住環境コーディネーター」の資格はなく、
バリアフリーの講習を受けただけと判明。それだけで資格と言われたら
僕らの意味がないし、資格もないのに「資格を持っている。」というのは
警察、裁判になれば大問題です。

第3の問題点:収納スペースの寸法間違いです。当初、無印良品の横幅とほぼ同じで
ホコリなど入らないようにしてもらう予定でした。
出来上がってみると、2センチの余裕が・・・。2センチを間違えるなんて小学校の
工作以下。話になりません。しかも昨日までの時点ではミスは認めたが、ずらせないの
一点張り。ずらすずらせないの問題の前に付け替えるのが基本だと思う。

第4の問題点:きのうの時点で工事一旦中止と言ったのに作業が進められていたこと。
玄関にカメラを設置し、部屋からボタン一つでドアが開くようにしたのですが、
いろいろな場所でミスがあるので2度手間になるのが嫌で一旦中止して出掛けたのに
帰ってみるとしっかり装着されていました。しかも壁に穴、扉枠が切られていました。
これは第2次爆発でした。言ったことを守れていないし、勝手に許可無く
窓枠を切られたことがショックでした。

第5の問題点:ドアのノブが使えない。
こんなこと気付いて当然なことです。取り付けの相談もないし、
壁を作ってしまったことでドア幅も狭くなってしまい不自由になってしまいました。

トイレ・洗面台のこと全部言っていると切りがないので、この辺にしていおきます。

基本的に設計図がないことがおかし過ぎます。
設計図を見ていればこのような大幅なミスはなかったし、事前に対処出来たはずです。

「福祉住環境コーディネーター」の中では当然、設計図を作り、コーディネーター、
本人、家族、大工、病院のOT、PTを交えてみんなの意見で相談の上、設計図を
作っていきます。今回、このようなことは1度もなく、大工会社の社長とは
始めて会いました。こんな状態でお風呂場も改装、増築をしていたら大変なことに
なっていました。社長曰く「俺、母が家に居ない。」と言われカッチーンきて
「あなたより偉い社長に連絡なしで会社に行って、そこの社長が居なかったら
会った時に『行ったけど居ないから言えなくて・・・』なんて言うんですか。
常識考えてアポイント取って行くのが当たり前だろうが。こっちは客なんだ。
あなたがどう思っているか知りませんがお金もらうなら筋道通してください。」
とプッチンきてしまいました。

どのようにすれば車椅子に良いのかわからないのに設計もせず、やってからミスが
分かり、また直すのではお金がいくらあっても足りません。
危なく大きな損害を受ける所でした。こういうことを言えない方はいっぱい居ると
思います。今後「福祉住環境コーディネーター」は重要視されていく気がします。

って今週末の試験勉強がーー大丈夫かな・・・
[PR]
by piroracing | 2004-11-23 23:14
HANS
F1でもレギュレーションで装着義務付けられたHANSを今回から
装着することにしました。

レーシングカートはシートベルトを付けない為、本当は要らないのですが
僕が乗るカートには特別にタカタ株式会社の4点式シートベルトが装着されている為、
HANSの使用効果があります。
カートにシートベルトをしていると転倒した時、頭が直接地面に当り、
また首を怪我することは目に見えているので、カートにロールバーも装着し、
2度と同じ思いをしないように安全面は完璧にしました。

もし、2年前のクラッシュでHANSを装着していたらここまで酷い怪我にはならなかった
かもしれません。過去は過去。これから同じ事をしないようにしていきます。

レースの日が近づいてきて久々の緊張感が出て来ました。
[PR]
by piroracing | 2004-11-22 23:14
車椅子のオフロードレーサー渡辺幸哉さん
オフロードレース「バハ1000」は20日未明(日本時間同日夜)、メキシコ・カリフォルニア半島南部のラパスにゴール、改造市販車部門に出場した車いすの現役レーサー、渡辺幸哉(秋田県男鹿市在住)さんのチームが参加6チーム中最下位の4位でフィニッシュした。世界1過酷といわれるオフロードレース。カリフォルニア半島北部エンセナダを18日にスタートし、マシンが横転するなど度重なるアクシデントに見舞われながらも仲間のドライバー2人と交代で砂漠や荒野を走破、約38時間かけておよそ1600kmを完走した。

渡辺さんはアマチュア・レーサーだった29歳の時、交通事故で胸から下が麻痺し、車いす生活を強いられるようになったが、夢を捨てきれず、手だけで操縦できるようマシンを改造。33歳で再びレース界に復帰した。

無事にフィニッシュした渡辺さんは「夢がかなった。ゴール前にラパスの光が見えてきた時には涙が止まらなかった」と興奮気味。「次回はトロフィーを狙います」と、早くも来年に向けて闘志を燃やしていた。

..........東京中日スポーツより..........

いやー凄い。凄過ぎる。この体なのでいろいろ無理していた部分はあったのに
諦めず完走出来たことは驚きました。
レース前に話した時の心配な点はクリアー出来たのかな・・・。
そこだけが僕の不安点でした。何より無事なことが全てです。
おめでとうございます。
[PR]
by piroracing | 2004-11-21 23:12