カテゴリ:レース( 41 )
フジテレビ 月9 エンジン
みなさんエンジン最終回見ましたか?

内容についての感想は書きません。僕なりの目線で感じた感想を書きますね。


まず、見ていて嬉しかったのが、面識のあるドライバーがいっぱい出てきたこと(笑)

最初に山西康司選手がレーシングスーツ着てヘルメット持って登場。結構長時間、たぶんキムタクと1m圏内の大接近でした(笑)

お次は顔が一瞬映ったのが、全日本F3選手権に出ている2人。先日、フォーミュラールノーアジアシリーズで優勝した折目 遼選手と放送内で予選トップ、走行中もトップと放送されていた横溝直輝選手。あとは今年、全日本F3選手権に参戦している全員の走行シーンも。この2人が出てきたシーンはレーシングスーツを着て、

拍手してました(苦笑)

6月5日の富士スピードウェイでのレースで、この日の日記に書いたことが放送でやっと納得出来た。
c0026025_22581115.jpg
と、言ってもドラマ内ではスタートからピットまでで、それ以降は・・・でした。

ドラマ内ではピットINまで横溝君がトップだったのに「あらっ?どこいっちゃったの??」って感じが・・・。

F3選手権ではピットINはないのですが・・・。


さあ、ここからがドライバーとしての視点です。

まず、最終ラップ最終コーナーでウイングが取れてスピーン。このシーンでF3マシーンがストレート上でスピンしていたけれど、あれを実演するのは結構難しいと思う。自分の意思でスピンさせるのは結構難しいし、あんなにウォールが近いんだからなおさら凄い。あのF3マシンを操るのはスタントマンでは絶対操作できないので、あれはレーシングドライバーが乗っているのだろう。誰だろう・・・。気になる。このシーンでは晴れの設定なのに路面が濡れていたのが気になったけど。あれだけクルクル回すのには濡れていないと無理か。

ストレート上でウイングが取れて止まったけれど、駆動系トラブルではないからエンジン再始動出来るはず。ストップした瞬間にエンジン始動は試みないで、ヘルメットを脱いで降りちゃった・・・。それを試みていないのに、押してゴールしても・・・。あそこでエンジンかける仕草だけでもしてくれれば感動したのに。残念。

あと、キムタクが地下道で座ってるシーンで、やめて欲しいことが一つ。

ヘルメットを逆さに置くな。自分の頭を守るヘルメットを逆さに置くなんて考えられない。あれを見て、真似をする人が増えたら困るわ。。。


無事放送終わって良かったです。キムタク、ラリー編はスペシャルで始まるのかな?
あまりテレビのつけない僕がテレビに釘付けになれるドラマをありがとうございました。
次はスペシャル期待しています。
[PR]
by piroracing | 2005-06-27 22:58 | レース
やったぜ折目ちゃん
スーパーGTマレーシアのサポートレースとしておこなわれたフォーミュラールノーアジアシリーズにスポット参戦した折目 遼選手が第1レース目で2番手スタートから好スタートを決めトップに。そのまま逃げ切り見事優勝した。
第2レースは、ポールポジションからスタート後の1コーナーで追突され、8番手でレースに復帰した。そこから猛追撃がスタート。5周目には3番手。2番手に追いついたところでゴール。スポット参戦ながら優勝、3位とダブル表彰台ゲット。
来週の全日本F3選手権 鈴鹿ラウンドもこの調子でいって欲しいです。

頑張れ。折目ちゃん。
[PR]
by piroracing | 2005-06-27 13:38 | レース
日刊スポーツ新聞社
新宿駅で丸ノ内線に乗り換え、霞ヶ関駅に向かい、日比谷線に乗り換え、4つ目の築地駅にある、日刊スポーツ新聞社へお伺いしてきました。
c0026025_1883633.jpg
僕には最高のお話を頂けることになりました。

それは、このブログが日刊スポーツののブログ&コラムになり、今まで以上に多くの方々の目に僕の書いたことが伝わることになります。

ものすごぉぉおおおおく嬉しい☆


日刊スポーツのブログを書いているみなさんを見てみると、真面目系なのでそのことが引っ掛かっていたけれど、僕のスタイルで良いと言って頂けたので、非常に楽しみです♪

ワクワクしてきたぁぁああ♪


今まで書いてきた日記全て宝。財産ダーーーーー。


あっそうそう。某友人も日刊ブログ始めるらしい。さあ誰でしょう?



帰り道、電車の中で急にお腹が空いてきた。フッと緊張が解けてなのだろうか・・・。

僕の体はお腹が減るのもそうだけど、暑さ寒さも急に来る。

「お腹が空いてきたかも?」と、言うものが無くて、急に

「はらへったぞぉぉぉおお。もう動けない」

なのだ。

それが起きると、貧血になって、体が思うように動かなくなる。ダッルゥーーーイ感じかな。

何とか新宿駅の改札を出れたけれど、乗換え口までこいで行く元気が残っていなかった。

振り返ると【KIOSUKU】の文字が。

「おお、神の恵みじゃー。」と店員のおばちゃんにカロリーメイト・チョコレート味を頼んだ。

おばちゃんが女神に見えたね。うんうん。(ナイケドネ笑)

おばちゃんは親切に箱から出してくれ、袋もハサミで切ってくれた。

僕はそれを膝に乗せ、影に隠れながらバクバク食った(だって我慢出来なかったんだもん苦笑)

食べ終え、食べた物が胃に到達すると、貧血が治まり、元気に帰宅した。
[PR]
by piroracing | 2005-06-22 15:02 | レース
F1アメリカGP。。。
昨日もあまり寝ていなくて、富士行き帰り運転して、渋滞に巻き込まれ、飯やらなんやらみんなでしていたら、帰ってきたのが2時前。

それでF1を楽しみにベッドに移って、F1が始まるのを楽しみにしていた。

2時50分、放送が始まるとすぐに思った・・・。


レースがないだろうと・・・。

どうも金曜日の公式練習でオーバルコースの部分でミシュランタイヤユーザーのラルフ・シューマッハ選手がクラッシュしたそうだ。そのクラッシュがタイヤが原因で、しかも10周以上すると危険と判明したそうだ。このことについてチーム側は対策しようとしたけれど、FIAは認めなかった。

F1速報 けんさわのサーキット便り2005の【R9 USグランプリ インディアナポリス】にラルフ・シューマッハの画像があります。さすが澤田さん ポッ♪


なんだかんだ言って、全車フォーメーションに出て行ったから

「なんだやるんだー。良かった。」

と、思いきやミシュランタイヤユーザー全車ピットイン。

そのままガレージへ・・・・。


スターティンググリッドにはブリヂストンユーザーのみ。。。

「まーさか、これで始まんないだろー。」

と、思いきや、スタート・・・・・・・・・・・・・・・・。


6台のF1なんか始めてみた。

そのままレースは続けられて終わりぃ。


がっかりです。

もうこんなの2度と見たくないし、楽しみにしていた観客が可哀想すぎる。


あっ。良かったことが一つあった!!

ミナルディーからF1参戦している友人パトリック・フリーザッハーがいっぱいテレビに映ったこと!!

オンボードもたくさん映って、走りが見れて嬉しかった。

ミナルディーの車はやっかいそうだな・・・ボソッ
[PR]
by piroracing | 2005-06-20 04:32 | レース
復活!まっちー
とうとうまっちーさんの復活レースがありました。

車が組まれて初走行が昨日の練習走行。富士初走行。まっちーもレースをするのが1年半以上ぶり。全てがナラシ状態でのスタートでした。

目標は完走!!

と、みんなで決めていました。


朝、サーキットに着くと、まっちー発見。
c0026025_4371078.jpg
「おおおおおぉレーシングスーツ着てるぅ♪」
c0026025_19105445.jpg
正直、見慣れないから変な気分でした。。。スイマセン。


予選前に走り方・ライン取りのレクチャーが始まってしまうと。。。
c0026025_1995130.jpg
「ありゃーーー。これじゃあ速く走るのは無理ですよーまっちーさん。」

と、言うライン取りの紙を持っていた。

予選が始まる数分前まで続き、、、まっちーの頭の中は、、、オーバーヒート状態w


無事予選終了。

と、思ったら、コントロールタワーに呼び出されちゃったー。


「黄旗追い越しでもしたのか!?」

と、思いきや

ピットロード速度違反、、、しかも20キロオーバー(苦笑)

全く忘れていたそうです。。。免停ですよー!!!!プッ

ということで残念ながら最後尾スタートになってしまいました・・・。
c0026025_4402558.jpg
あっそうそう。何処かの誰かさんの日記に書いてあったけど、キムタクでもヨンさまでもありません!ほらっ。色も違うし、パーマの感じも違うでしょ!?


ピットからコースインしていったのを見て、急いで着替えた。
c0026025_439246.jpg
c0026025_4395231.jpg
そう!これは僕の12月におこなわれた復帰レースで作成した、赤い復活Tシャツだ!!

急いでグリッドに向かい、まっちーの前に行くと

「あああぁーー。」

って顔をしていた。

まあそりゃあビックリするわなーーーフッフッフッ。


レースは順調に周回していて、ホームストレートの上で見ていたら
c0026025_4412554.jpg
「エンジン音、なんか重たくねぇ?」

見比べても遅いし、、、。

無事8位でゴール出来、目標である完走をクリアーすることが出来て本当に良かった。


一時はどうなることかと思ったけれど、こうしてレースに復帰してくれて本当に嬉しい!!!

今後、どんどん自分のペースにしていって、良い結果につなげて欲しいです。


まっちーこれからがんばれよん。
c0026025_440566.jpg
NATS NATS NATS NATS NATS
[PR]
by piroracing | 2005-06-19 18:16 | レース
波乱のF1カナダGP
眠気が覚めるほど面白かったですねー。

何が起こるかわからないでヒヤヒヤして見ているレースは珍しかったですね。

しかもトップグループで。


特に見ていてドライバーの気持ちが伝わってきたのがジェンソン・バトン選手。

あの最終コーナーの1個目でインに付けなかったから2個目で縁石に乗ってしまってドーーーーンですが、あれがもし後ろにシューマッハ選手が居なかったら絶対に起きなかった。

バトン選手的には、後ろにシューマッハ選手が居なければショートカットをして難を逃れてたもん。

シューマッハ選手が居たことで、最終コーナーをしっかり曲がらないとペナルティー、もしくはポジションを譲らなければいけない距離にいました。

それを考えた場合、自分の置かれた3位と言うポジションを簡単になんか譲りたくないでしょう。当然、無理しても曲がろうと思ったでしょう。

でも、ダメだった~みたいな。

シューマッハ選手のプレッシャーどうこうよりも、3位というポジションキープの方が大きかった気がします。

あぁ残念。。。

次に期待しましょう。


しかしルノーのスタートは凄いな・・・

あの距離だけであそこまで違うのは驚きです。

周りと出だしは変わらないのに、あのスタートは凄い武器ですねー。


楽しくF1見てたら、もう4時過ぎじゃーーん。

寝ますっ。
[PR]
by piroracing | 2005-06-13 04:23 | レース
株式会社ニュートリション・アクト様
市ヶ谷で南北線に乗り換え、白金高輪駅にある株式会社ニュートリション・アクト様にお伺いしてきました。

駅を出て、一つ角を曲がるだけなので問題ないと思っていたら、

そこは赤坂なんかより急な魚籃坂だった・・・。

健常の頃は気にならなかったのに、、、。

「こいつを上れば何も怖くない。」と

思ったけれど、

既に待ち合わせの14時だったので断念し、電話してしまいました・・・・残念。


それから3時間ほど、現在のカート状況や体のことなどをお話させて頂きました。

お忙しい中、お邪魔しました。
[PR]
by piroracing | 2005-06-06 19:55 | レース
TEAM ICHINOSE
富士スピードウェイの1番ピットにフジテレビ月9で放送されている「エンジン」に出てくるF3の車と撮影に使われているパーテーションが展示してありました。

撮影に使用されているダラーラF304は僕がF3を戦っていた車と同じで、懐かしい感じだし、親近感があるというかなんというか。。。

今日の富士スピードウェイでおこなわれた全日本F3選手権に「エンジン」に使われているヘルメットで出場しているドライバーが居た。

神崎次郎のヘルメットをかぶっていたのはTOM'Sから参戦の中嶋一貴選手。
神崎次郎のライバル?の菅原比呂人のヘルメットをかぶっていたのはTOM'SのJoao Paulo De Oliveira選手だった。

「エンジン」の走行シーンのほとんどが中嶋一貴選手と、もう一人のTOM'Sドライバー池田大祐選手が担当している。

今回の勝負は菅原比呂人の2連勝でした。
c0026025_20575911.jpg

[PR]
by piroracing | 2005-06-05 20:58 | レース
富士スピードウェイ
ただいまー。富士から逃げ出すようにかえって来ました。

理由は「雨が降る予感」がしたからです。

僕が車に乗り込んで少しするとアナウンスで

「1コーナーで雨粒がみえます。」

って流れてさっさと帰った。

さすが晴れ男(笑)

その後、バケツをひっくり返したかのような豪雨になりました。


全日本F3選手権に戸田レーシングから参戦している高崎ちゃんは9番手からのスタート。

今日こそは何処まで前に行けるかなー。
c0026025_1959196.jpg
c0026025_2001891.jpg
ヤッター6位でゴール。初入賞。

今回は他車とのタイム差があまりなく、僅差で良いレースをしていて面白かったです。

ってか富士のレースはスリップを使ってのバトルが多いので見ていて面白かったなー。
[PR]
by piroracing | 2005-06-05 20:03 | レース
青山1丁目 ホンダ本社
大江戸線の青山1丁目駅で下り、エレベーターで地上に上がると目の前がホンダ本社でした。

待ち合わせの時間まで30分程あったので、本社1階のショールームを「青のオデッセイもかっこいいなー。新しいステップワゴンはずいぶん前の型と違うなー。」と思いながらプラプラしていました。
c0026025_1511055.jpg
ASIMO君の置いてある画面にコウスケが出ているのを見ていたら

「あれ?長屋さん?」

と声を掛けられた。

見てみると去年、今年と全日本F3選手権に出ている武藤英紀君ではないか!!

あら偶然。

ちょろっと話したら時間になってしまい、すぐにバイバイしてしまった。

今週末おこなわれる富士ラウンド頑張って欲しいです。

その後、待ち合わせ場所に向かい、今後の活動内容についてお話させて頂きました。

まだまだいろいろ準備が必要なのだと感じました。

準備を進め、目標であるレースを目指し、焦らず頑張ります。
[PR]
by piroracing | 2005-06-02 12:00 | レース