カテゴリ:体( 38 )
チェアーウォーカー快適情報誌 WaWaWa編集局
チェアーウォーカー快適情報誌 WaWaWa編集局へお邪魔してきました。
c0026025_2321910.jpg
いやー今日は暑かった・・・家から駅までの15分、永遠の上り坂をエイヤコラーと上り、無事、駅に到着。
目の前が真っ白、ではなく、眩しいのと、熱のせいで、真っ赤。

「こいつはやばい・・・かも。。。」と思いながらも、待ち合わせの1時に遅刻できないので、電車に乗り込み、無事クーラーに助けられました。

都営新宿線船堀駅まで30分くらいあり、30分クーラーに当たっていたら、元気になれました。


船堀駅で、カヤバ工業株式会社の方と待ち合わせ、WaWaWa編集局に向かいました。


2時間ほど、お話をさせて頂きました。

お話をお伺いすると、「車椅子でオシャレをしたい。」という意見が多いことを改めて聞きました。
協力して頂けると、嬉しいお言葉を頂きました。次号より、2ページ頂けることになりました。


うれしーーーーーーー☆


「僕が始めたことは、今後必要なことなんだ。」と強く思いました。



余談ですが、今年はセミの鳴き声、あんまり聞きませんよね?僕だけかな・・・
[PR]
by piroracing | 2005-07-28 02:25 |
た、た、台風さん?いずこへ~
超大型台風は東京への被害なく、通り過ぎて行きました。

地震の次は台風?と思っていましたが、それはありませんでしたね。

でも、東北の皆さんは、これからです。

油断大敵ですよ!!気をつけてください。


明日は、台風一過で糞暑いんでしょうね。。。天気予報では、35℃って言っていましたよ・・・。

何て言ったって、僕ら麻痺のある障害者は、体温を放出できないのです。簡単に言えば、汗を掛けないのです。

健常者は太陽によって吸収する熱を、汗として放出するのですが、僕らは汗が掛けないので、全ての熱を発散することが出来ずに、体内に閉じ込めてしまいます。

だから、すぐに熱射病になるのです。

冬は冬で、今度は低体温になってしまうしで、いろいろ大変です。


まあ、こんなこと言ってたらキリが無いので、僕はお構い無しに出て、熱にやられ、ぼけ~ってしていますが(気温に関係ないってか笑)

夏の必需アイテム。アイスノン(氷枕)、霧吹き、冷たい飲み物です。


35℃・・・・考えたくないねー・・・
[PR]
by piroracing | 2005-07-27 01:20 |
電車でBOBLBE-E
2日前にBOBLBE-Eの首から提げる、携帯ストラップを走行中の車椅子ホイルとフレームの間に入り込み、携帯はタイヤと共に回転し、首に掛けていたストラップが耐え切れ、壊れちゃいました。

その日、数時間だけれども、首からぶら提げるストラップがないだけで、凄く不便で、すぐにBOBLBE-Eにメールしちゃいました(笑)

今日、メールチェックをしたら、BOBLBE-Eからお返事が着ていました。

「今日は時間があるから、いってみよー。やってみよー。」

と一人で思い、BOBLBE-Eに電話してお伺いすることを伝えると、


「東横線だとエレベーター無いから、ちょっと遠回りになるけど、大井町線だったらそのまま降りれるから。」

と言われ、ちょっと調べて、折り返し掛けなおすことにした。

道順は

最寄り駅⇒京王線⇒下高井戸駅⇒東急世田谷線⇒三軒茶屋駅⇒東急田園都市線⇒二子玉川駅⇒東急大井町線⇒自由が丘駅

である。

普通に行けば、30分くらいの距離なのに・・・。どんくらい掛かるんだろ・・・。



東急のホームページを見てみると

「あ・・・東横線の自由が丘駅、エレベータない・・・。大井町線も微妙だぞ・・・。」

と疑問を感じると、

三軒茶屋駅もホームページにはエレベーターが書いてない・・・改札は地下1階、ホームは更に下の地下2階だ。

「どうするんだろ・・・。」

と疑問を感じたので、東急に電話して聞いた。


「三軒茶屋駅は隣接しているキャロットタワーのエレベータをお使いください。自由が丘駅は、大井町方面は、そのまま出口がございます。二子玉川方面は、踏切を渡って、反対側に入り口がございます。」とのこと。

「まっ。行っちゃえばなんとかなるべー。」という気持ちで、暑さのちょっとひいた、6時位に家を出た。


最寄り駅から京王線に乗るのは慣れたもん。


世田谷線は車椅子では初体験だ。
c0026025_3414368.jpg
この電車は僕が小学校のとき、毎日、通学で使っていた電車で、懐かしい。

でも、あの頃は、本当にオンボロ電車で、発車する時に「チンチーン♪」って鳴る。
乗るのには階段、2段あり、車椅子では無理な感じでした。

しかし、今では全て、リニューアルされていて、車椅子対応になっていた。イメージ的には車椅子対応バスかな。

相変わらず、電車賃は何処まで乗っても140円。と言っても10駅しかないのですが。1駅の間隔は、、、チャリンコ移動距離程度で(笑)
c0026025_1462759.jpg
電車や駅自体はリニューアルされているけれど、線路の角度、揺れ具合、街並みは全く変わりがなくて、懐かしかった。一つだけ走行で改善されてたのは、急なカーブで「きぃぃぃいいいい」と鳴っていたタイヤの音がなくなってた・・・(電車お宅ですいません。)


無事、三軒茶屋駅に着くと、世田谷線から東急田園都市線に向かう、通路に、落とし穴があった。

今までこんな急なスロープはじめてみた。。。休憩ポイントなくて、20メータくらいかな。でも下りだったからOK


しかし、帰り・・・ここ上るんだ・・・


下りきったら違うエレベーター発見。このスロープ上れなかったら、エレベータがあるから安心。

と思いながら、改札まで向かう通路・・・


さっきほどではないけれど、結構急な上り坂が30メーターくらい。今回は休憩ポイント2箇所付です。

それを上りきったらー

同じ距離の下り坂が・・・

こんなことすんなら、最初から平坦でいいだろおおおおおおおおおおお


東急田園都市線、三軒茶屋駅の改札からホームまでは、車椅子対応のエスカレーターだった。

ぱっと見、普通のエスカレーターだけど、ボタンを押すと、階段部分が繋がり、車椅子が1台停止出来る位のスペースを作りだせるのだ。これは画期的だ。


二子玉川で東急大井町線に乗り換え、無事、自由が丘駅に到着。


駅からBOBLBE-Eのショップまで、距離はそんなにない。


しかし、


人通りが多くて、僕の走りたいラインを塞がれてしまうのだ。そうか、今日は休日だ。。


一本裏に入ると、人が減り、走りやすかった。


が、しかしだ。


俺が想像していた以上の上り坂が、目の前にあった。

店は見えるんだけど、スピードが遅すぎる。

例のごとく、フンガフンガいい続けること10分。やっと到着ーーー☆


BOBLBE-Eのオーナーもビックリしてました。「自転車でも登れなくて、立ちこぎでやっとだったのに・・・」と。

上った感じ、赤坂の246の渋谷方面よりもきついかもな。。。
c0026025_342382.jpg
お目当てのBOBLBE-E携帯ストラップを頂き、新商品を多数見せて頂きました。

BOBLBE-Eはゴツイイメージだけれども、女の子が持てる様な可愛いバッグもあるんですよー。

1時間くらいお邪魔して、8時にお店を出ました。

上ってきた辛い道は、帰りは楽チン。何か出てきたら・・・止まれないけど・・・。


自由が丘駅を出て、三軒茶屋駅にとうちゃく。


スロープで、いつもより控えめの、「フンフン」と言いながら、清々しく、「こんな坂ラクチン」という顔で上っていたら、綺麗な優しいおねえさんに「お手伝いしましょうか?」と声を掛けていただけた。

例のごとく、「大丈夫ですよ。ありがとうございます。」と丁重にお断りしました。


最終関門のちょーーーー急な長いスロープは、2,3回挑戦したけれど、まだダメでした。悔しいな・・・いつかやってやるよ。
c0026025_343917.jpg
そんなこんなしていて、無事帰宅。東京都内、車だと20分、遠回りをしなければ30分で到着する距離を

2時間かけて行きました。往復4時間・・・名古屋行って帰れるし(笑)


乗り換えは意外と疲れるし、今回は挑戦状のように、坂道登って、ヘトヘトで帰宅。

お疲れ様でした・・・寝る。
[PR]
by piroracing | 2005-07-18 22:40 |
皇學館大学にて講演
5時45分に起きて、7時半から8時までの新幹線に乗って三重県名張駅まで向かう予定で居た。

予定通り、7時45分位に品川駅に到着ぅ☆

「さぁて、新幹線の切符買って向かいますかー。」と思った瞬間、

「あれ??講演で使う道具入れたっけ??あ、、、もしや・・・。」

何処をどう見ても見付からない。。。


慌てて、妹に荷物を持ってきてもらった・・・・
c0026025_0584996.jpg
渋滞していてなかなか来ない。イライラしながら品川駅で待ち続け、1時間後、ようやく荷物を受け取り、9時01分の新幹線で名古屋まで向かった。
c0026025_059532.jpg
「1時の授業だから4時間あるから平気だべ。」と軽い気持ちで名古屋まで向かった。


1時間半後、無事、名古屋駅に到着。新幹線から近鉄に乗り換え。

ここで事件は起きた・・・。

駅員さん:「どちらまで?」

僕:「名張まで。次の特急は何時ですか?」と聞くと

駅員さん:「あと5分で出発。次は・・・えっとー・・・11時半だね。」


30分以上先だ。


僕:「それに乗ったら。何時到着ですか?」

駅員さん:「1時半です。」



おい。間に合わないしーーーーーーーーーーーー。


僕:「どうしてもこれに乗らないと間に合わないんです。」

駅員さん:「5分じゃ無理ですよー」

僕:「そこをなんとか・・・」

その駅員さんは切符売り場の駅員さんに「10時50分発の特急、車椅子用の席、空いてないよなー?」というと切符売り場の駅員さんは席の状況を調べてくれた。

切符売り場の駅員さん:「あっ。大丈夫です。席空いてますから。」

駅員さん:「後5分だから無理でしょー?」

切符売り場の駅員さん:「・・・無視」

そしたら駅員さんがバコバコ切符を受け取る台を殴りだしたのだ・・・。コワッ。それを見てちょいと引いた・・・すんごくイラついてることが伝わってきました。


切符売り場の駅員さん:「2100円です。」

僕は自分でお金を出せないので、駅員さんに出してもらったら、2000円はあるけれど、小銭が無かった。

と思ったら、なんと駅員さんは右手を自分のポケットに入れ、ゴソゴソやりはじめ、100円を見付けると、それを切符売り場の駅員さんに出してしまった。


僕:「お金は・・・」と聞くと

駅員さん:「・・・無視(それどころじゃなかったぽい。)」


切符を受け取ると駅員さんは猛ダッシュ

「そんな勢いで走られても着いていけないし。」100メートル12秒くらいの猛ダッシュでした(笑)


改札を抜けたところで特急電車の出発ブザーが鳴り止んでしまった。万事休す。と思ったら、駅員さんが大声で「乗るからまてぇぇぇええ」と叫んでくれた。


特急電車の扉は開き続け、駅員さんの猛ダッシュで、電車まで押されていった。

駅員さんは電車の車掌さんに「3両目どこ」とハァハァしながら聞いて、更にそこまでダッシュ。


車椅子スペースは進行方向と後ろ側の扉から入らなければ行けないのに、間違えて前の扉に行っちゃったーーー。。。そこからまた引き返し、電車に乗っけてもらったらプシューと扉がしまった。。。これに乗れたから無事12時半に名張駅に着ける。

この駅員さんのおかげだ。感謝しています。近鉄ばんざーーーーーーーーい♪100円もありがとうございました。
c0026025_151027.jpg
伊勢中川駅で乗り換えて、更に特急に乗り換えたら、車椅子スペースのない電車だった。イスには座れないので・・・車両と車両の間のデッキにポツーンしてました。
c0026025_1945380.jpg
今は、ほとんどの電車に車椅子スペースはあるけれど、10年位前は無かったよね。電車にすら乗れない環境だったってことだよね・・・。

12時24分無事名張駅に到着しました。前日の天気予報では曇り。雨の心配もありました。さすが晴れ男☆日差しが痛いくらいの晴天になってくれました。

よかったーー♪雨だったら・・・最悪だったな。


そこからバスで10分くらい行ったところに皇學館大学があった。
c0026025_16914.jpg
1時からの講演で30分も無かったけれど、学食に連れて行ってもらった。

「大学っていいなーーーー」

って思うくらい、みんな楽しそう。なんというか、僕は大学に行っていないからかもしれないけれど、、、いいなーと思った。そういう中に居るのがちょいと恥ずかしい。女の子の中でご飯・・・ねぇ・・・

ご飯を半分も食べていないのに1時になってしまい、チャイムがキンコンカンコン


急いで教室に向かった。

教室に入ると教室いっぱいの生徒さん達が。先生、生徒合わせて60人以上居た。

福祉の授業の一環として、招いて頂きました。

こんな大勢の前で話すのないんて初めて。レースの事ではなく、福祉関係・リハビリなどなど、僕の頭の引き出しには少ない材料で話したので、緊張。でも、事故以前だったら絶対このようなことからは逃げ出していたはず。でも、今は自分に自信があるからこういうことも出来るのかなーって思う。

内容としてはまず最初に自己紹介的に話す予定だったけれど、てんぱっていて話にまとまりがなくて納得できなかった・・・

その後、質問形式になり、そのことについて答えるので伝えられたと思う。

ちょいとこれからこのようなお仕事のときは、大雑把な話す内容を紙に書いていったほうがいいな。(スポンサー回りでは、それしてるのに・・・。あじゃぱ)


少しでも気持ちが伝えられたかなー・・・僕の中では凄く良い経験になりました。ありがとうございました。
c0026025_175820.jpg
帰りは名張駅から名古屋駅まで直通の特急で帰りました。
c0026025_240439.jpg
だーれもいませんね・・・
c0026025_0561361.jpg
c0026025_0564647.jpg
こらっ。誰だこんなところにゴミを置いていったのは。食べ終わったらちゃんとゴミ箱にすてましょう
c0026025_057254.jpg
良い話じゃのーーうんうん♪


帰りの新幹線は500系というかっこいい新幹線で帰りたかったので、名古屋駅に着いて、すぐに切符を買いに行った。

「先のとんがってる、かっこいい新幹線に乗りたいので、その切符お願いします。」と伝えると調べてくれた。時間はずいぶん先だったけど、どうしてもこれに乗りたかったので・・・

実は小学校の頃、電車が大好きで、Nゲージお宅でした(笑)
今でもそのなごりがあり、電車を見るとウキウキします。事故の前、岡山に住んでいる頃。東京に帰る新幹線はいつもこれでした。

そのときぶりで、、、やっぱかっこいい・・・
c0026025_14565889.jpg



今回のことで自分の人生で大きく成長できたと思います。これを期に、もっともっと勉強をして、話せるようになりたいです。ご協力して頂いた皆様、本当にありがとうございました。
[PR]
by piroracing | 2005-07-14 13:00 |
うっわ最悪・・・
とうとうこのことが起きてしまいました・・・。いつか起きるような気がしていました。。。

六本木ヒルズには最寄の駅⇒都営新宿駅⇒都営大江戸線六本木駅

で行きます。

最寄の駅にてスロープを出して頂ける駅員さんは・・・前からちょっと嫌な予感がしていた人でした。

ホームに着くと出発寸前の電車が。

「急いでこれに乗りましょう。」

とあわただしく乗せられ、無事電車は新宿へ向け発車。

ガタンゴトーンと新宿駅に到着して、僕は降りれる準備をしていたら


駅員さんこない・・・・

おい!!!!


僕は駅員さんのスロープがないと一人では電車を下りれないし、僕一人では無理なのです。

と思っていたら

プシューーーと扉が閉まり電車は出発してしまいました。

次の駅、その次の駅でも駅員さんが来る気配なし。

「このまま行ったら誰も絶対来ない。お客さんにお願いするしかない。」

と思って駅に到着したときに前に居たお兄さんが降りようとしていたので、

「すいません。」

と声をかけると目を合わさずにお辞儀をしてササッと行ってしまった・・・

またその駅でもプシューーと扉が閉まり、電車が発車してしまいました・・・。

たぶん彼は僕が扉の前で邪魔してて、そこで動いたから彼は「邪魔だと思ってどいてくれたんだ。」と思って、俺が「すいません。」と言ったから、お辞儀をしていっちゃったのかも・・・。

次の市ヶ谷駅でチャンスが訪れた。

近く座っていた子連れのお母さんが僕の居る扉から出ようとした。

「これがラストチャンスかもしれない・・・。」

大きな声で「すいません。」と言うと最初はさっきのお兄さんと同じ反応をした。

負けずにもう一度「すいません。」と言うと「はい?」と答えてくれた。

「あの、引っ張って降ろしてもらってもいいですか?」というと

「引っ張ればいいですか?」と優しいお言葉が。

本当にどうなることかと思ったけれど、優しいお客さんに助けられ、無事、市ヶ谷駅に降り立った。
c0026025_23491569.jpg
そのまま駅員さんの居る改札に行き、事情を説明。

また新宿駅に向かった。

電車の中で「絶対こんなことがあっては困る。今後の為にも大きいことにした方がいい。」という考えになり、新宿駅で降り、すぐに駅員さんに伝え、新宿駅駅長さんに会わせてもらい、直接話すことになりました。当然、待ち合わせの時間はあるけれど、それよりこのことは必要と感じたからだ・・・。

だってここで僕が言わなかったら、同じことが繰り返されてしまうかもしれない。そんなこと絶対にあってはいけないことだし、問題にし、解決策を作って欲しかったからだ。

「僕はこのことに対して怒っているわけではありません。でも、今後このようなことは合ってはいけないことだと思います・・・。」と、、、


駅長さんは謝るけれど、僕はそんなことより、解決策を作って欲しかった。

例えば

1)今、電車の何処の扉でも乗せて、降りる駅に「○○電車の○○両目にのってる。」ではなく、車椅子は何号車と決め、そこにだけしか車椅子は乗れないようにした方がいいと思う。都営大江戸線はそこはきちっとしていていつも同じ車両の同じ場所です。そうした方が降りる駅に伝えるときのミスがなくなると思う。

2)例えばこのようなことが起きてしまったのなら、降ろせなかった駅の先に連絡し、探して欲しい。僕はずうずうしいから声がかけられるけど、掛けられない人もいる。その場合、駅員さんが来なかったら電車を降りることが出来ない。いつになっても今の状況だと駅員さんが来ないわけだから・・・いつ降りれるの?終点までいくの?終点まで行っても誰も来なければ降りれないわけで・・・困ります。

こう感じました。

どうか今後の為にも解決策をお願いしたいです。
[PR]
by piroracing | 2005-07-10 10:59 |
来週はハードだぞぉぉ
来週は遠出ばかりです。

この前三重県鈴鹿サーキットまで行けたことで、地方からのお仕事を頂けました。

まーた来週は三重に行きます。今回は福祉学校の授業で講義をします。初体験のことなので緊張しますが、多くの人のお役に立てればいいなーって思います。

その前の日は埼玉・・・。

火曜金曜リハビリだしねー。それ以外にも洋服の方しないとだ。

木曜日帰りで金曜リハビリ大丈夫かな・・・
c0026025_025657.jpg

[PR]
by piroracing | 2005-07-08 23:27 |
調査
以前、入院していた国立身体障害者リハビリセンター作業療法士(OT)の先生が自宅にお越しになり、現在、どの様な生活を送っているか調査に来られました。

同じ様な障害を持っている方々のお役に立てればと思い、僕専用の玄関が完成したときに連絡してみました。

僕は生活していく上で不自由なことは特にありません。(あっあるわー。歩けないこと笑)
僕は不自由なことなく生活しているけれど、中には困っている人も居るはずです。一人でもそういう人の解決策になれればいいなー。

僕的にも、普段どの様に生活を送っているのか先生に見て頂けたので嬉しいです。

僕ももっと力つけて、何でも出来るようにならないとな
[PR]
by piroracing | 2005-07-06 13:47 |
もおおお我慢出来なくて
もおおおお我慢出来なくて、一人で鈴鹿に行っちゃいました!!!

2日前に「残念ながら行けない」と、関係者様方に送っていて、送り終えてから、「このまま行かなかったら一生行けなくなる。今年、F1の次に楽しみにしていたこのレースに行かなきゃ後悔する。チャレンジしなきゃ。」と、思った。

新幹線で品川駅⇒名古屋駅⇒近鉄で白子駅までは特に問題ないと分かっていた。


でも、そこからが問題。

白子駅から鈴鹿サーキットまでの足がない・・・

電車は無いし、バスもない。となるとタクシーだ。

でも、僕はまだ、普通のタクシーには一人で乗り移れない。

そうなると使えるのは車椅子ごと乗り込める福祉タクシーだ。


最初にインターネットで探した。

タクシー会社のホームページにそれらしきものが書いてあったので鈴鹿営業所に電話してみたら、、、「ここにはありませんわー」と、残念な答えが返ってきた。

「こうなったら、この手段しかない。僕が入院していた鈴鹿中央総合病院に電話して聞くしかない。」

104で鈴鹿中央病院の電話番号を聞いて、掛けてみた。

「あのー、お尋ねしたいのですが、以前そちらに入院してて、白子駅からそちらにお伺いしたいのですが、車椅子のまま乗れるタクシーを使いたいのですが教えて下さい。」と、嘘付いた(笑)

「少々お待ちください。」と、言われ、1・2分受話器から流れてくる音楽を聞いていたら、係りのおねえさんらしき人が出た。

・・・「わかりません。タクシー会社にお聞きください。」だってさ。

それじゃあ、病院行く人はどうするんだってことでしょ・・・はぁ・・・

と、行き詰ったので、再度インターネットに戻り、最初のタクシー会社の四日市営業所に電話したら車椅子ごと乗れるタクシーがあるそうだ。


でも、使える福祉タクシーが、予約が入っていて午後から・・・

「午後じゃ、レース間に合わない。」

と、思っていたら、そのタクシー会社が津市にある福祉タクシー会社を紹介してくれ、そこに電話したら、やっとやっとやーーっと見付ける事が出来た。

11時にフォーミュラードリームの決勝があるから、白子駅9時半で予約した。

ということは、品川駅を6時54分の新幹線か。

5時起きか。早いなー。


と、言うことで土曜日までに誰にも内緒で計画が整った。


僕もこんな遠出するのは初めてだし、緊張して寝られない。。。

金曜と土曜あわせて1時間寝れたかな・・・


今だから言えるけれど、不安で不安でしかたなかった。。。
c0026025_21493.jpg
日曜日の朝、6時54分の新幹線に乗って、名古屋で近鉄に乗り換え、無事、9時35分に白子駅に到着した。

福祉タクシーも白子駅に来ていてくれていて、無事、鈴鹿サーキットに到着出来ました。


サーキットに着いて僕を見かけた人は皆、「誰と来たの?」と、聞かれると「一人で新幹線で来ました。」と、言うと、みんなの顔が驚きを表していて気持ち良かったです。
c0026025_213289.jpg
レースはレインコンディションになってしまい、レースしている方は大変だけれども、見ている方は楽しかった。フォーミュラードリームなんてスリックでレースが始まって、途中で雨が降ってきて、みんなスピン。全員スピンってレースでした。生き残りレース。一人でもレインタイヤが居たら・・・。ねっ(笑)

帰りも何事も無く帰れました。ふぅ。
c0026025_2115915.jpg
正直にこのことが達成できたことは僕にとって大きなことだし、今後に凄く影響すると思う。達成できて良かった。
[PR]
by piroracing | 2005-07-03 23:58 |
断っていいのかな・・・
夕方、風邪も少し治まってきたので、「そろそろ動かないと体の筋肉落ちちゃうーー。」と、思ったので一人散歩がてら(歩けないけどね笑)走りに行った。


もう何日ぶりだろう・・・

気合を入れていつもの自主トレルートに行った。

「うーん。やっぱいつもより体が重いな。」


このルートでの一番の難所で、フンガフンガ言いながら上っていたら、「大丈夫ですか?」と、すれ違ったおにいさんが声を掛けてくれた。

いつものように僕は「大丈夫ですよー。」と、返してゼエゼエ言いながら上りきった。

上り切ったところで、ふと思った。


「親切にみんな言ってくれてるのに、俺が断ったらダメなのかな。」って。


僕が断らなければ相手は「俺は良いことした」と言う実感になるのかもしれない。でも、断ることによって相手は「余計なことをした」と、思ってしまうような気がする。

もし、今度から言われたらどうするべきなのだろうか。今まで通り笑顔で断ればいいのか、それとも、親切を受け入れ、手伝ってもらうべきなのか・・・。皆さんはどう思いますか?


まあ、僕は自分で出来ることはやり遂げたいタイプなので今後も断り続けるけどね。
[PR]
by piroracing | 2005-06-29 23:30 |
風邪でダウン
ここ4、5日前から喉や鼻の調子が悪くて、昨夜から吐き気と頭痛に犯され、熱も出てきてしまった・・・。

前回、痰が凄く出るときと同じ状況だから、たぶんこれは風邪だ。

皆さん、風邪が流行っているようなので気を付けて下さい。
[PR]
by piroracing | 2005-06-26 15:50 |