「ほっ」と。キャンペーン
ピロレーシング ファッションショー
今までの活動していた内容はこの為です。このように公表できる日が来て、大変嬉しいです。


この度、9月17日に赤レンガ倉庫にておこなわれる「WORLD TOWN TV ECO FESTA 2005 IN YOKOHAMA」にて、現在、僕が活動している洋服のピロレーシングのブランドのファッションショーをやらせて頂けることになりました。

レースをしていた頃は、洋服を作ることなど1度も考えたことはありませんでした。でも「ジーパンをはきたい。」と言う、チェアーウォーカーの方の意見を頂き、何かお役にたてたらと思いました。そのことを親である株式会社アトリエロングハウス代表取締役 長屋恵美子に相談し、ジョクソウ予防のお尻の縫い目のないジーパンを試行錯誤し、作成に取り掛かり、作成することが出来ました。

今までこのようなジーパンはありませんでした。


それが切っ掛けで、ピロレーシングが発足しました。


現在、アトリエロングハウスではショーで使う洋服を一生懸命作り、僕は会社周りの日々です。

がんばりますよー。お時間のある方は、お越し頂けたら嬉しいです。

宜しくお願いいたします。


あっ。このイベントに健常モデルとして、レーシングドライバー交渉中です。

長屋宏和



■イベント名 
横浜開港150周年記念 WORLD TOWN TV FESTA 2005 IN YOKOHAMA 
車椅子レーサー長屋宏和Presents 「ピロレーシング」ファッションショー
http://wttv.jp/festa/

■会場
横浜市赤レンガ倉庫広場 神奈川県横浜市中区新港1-1-2
「WORLD TOWN TV ECO FESTA 2005 IN YOKOHAMA」 B会場(無料)

■開催日
2005年9月17日土曜日  14時10分~
http://wttv.jp/festa/timetable.html

■内容
チェアウォーカーモデル15名(着替え不可能)、健常モデル5名(着替え可能) 計20名でのファッションショー
チェアウォーカーと健常者が同じ洋服のイメージで登場。ジーンズをメインに、カジュアルシーンを展開。雨の日でも、車椅子で出かけられるレインコート。和と洋を組み合わせたリバース(リメイク)で、パーティーシーンを展開。車椅子用ウエディングドレスなど。http://wttv.jp/festa/event_mu03.pdf

■目的
ファッションショーをおこなおうきっかけは、「好きな洋服が着たい。」というコンセプトから生まれました。健常者・障害者関係なく、誰でも同じ思いだと思います。しかし、現実は「好きな洋服だと着ることが出来ないから着ない。」や、「好きな洋服だと、動きに支障があるけれど、我慢して着ている。」など妥協して生活しているように感じます。このファッションショーをおこなうことによって、健常者でもチェアーウォーカーでも洋服のそのままのイメージを残して、着られることをみなさんに知って欲しいと思います。
c0026025_23252014.jpg

[PR]
by piroracing | 2005-08-30 23:07 | ファッションショー
<< 株式会社クレディワールド様 ザナルディ選手おめでとうございます >>