新宿爆走
今まで介護タクシーを使い、自宅から新宿の病院まで通っていました。

今まで、坂道はもちろん、2、3センチの段差(例えば横断歩道の段差)ですら上れず、何処にも行けない状態だったけれど、ここ最近、体力アップとコツを掴み、何処でも行ける気になっている。

それらが出来るようになった今、タクシーなんかに甘えず、病院から新宿駅、電車を乗って自宅まで自分で行ける自信があったので、今後のタクシーをキャンセルし、電車を使って帰ることにした。

リハビリを終え、いざ新宿駅へGO!!

初めて通る道だったので、思いがけぬ傾斜があったし、リハビリ後だったので苦戦したけれど、何とか西新宿1丁目交差点まで来れた。

甲州街道の信号を渡りだしたら思っていた以上に道の真ん中が高くなっていてそこに辿り着くまでに苦戦した。「やっと頂上だ。」と一息付いたら、突然、信号が点滅しだしてかなり大急ぎで渡りきった。

ヒヤヒヤしながら無事渡れたが、歩道に上がるところが3センチの段差+傾斜だった。

何度も何度もトライしたが上がれる気がしなかった。

「どうしよう・・・ここで人の手を借りるのは嫌だな・・・。病院まで戻って、近くに地下鉄のエレベーターがあるから、そこまで戻れば地下道で駅まで行くか。」

と、思った

けれど

「ここで諦めたらもう絶対出来ないと決めつけちゃうな。。。何か方法があるはずだーー。」


見渡すと、反対側の横断歩道が見えた。段差もゆるいし傾斜も滑らか。でも、これで引き返すのが凄く嫌だった。負けた気がしてしかたなかった。

ものは試し、ちょっと危ないけれど、車道を少し通って引き返す横断歩道と違う段差を試してみた。


行けちゃった(喜)


嬉しかったぁ。ニタニタしながらルンルンで駅に向かった。たぶん周りの人達は「何だ。あの車椅子。一人で笑ってやがる。」と思われてただろうな・・・。


そこから西口に行って電車に乗って無事帰宅することが出来た。


また大きな一歩を踏み出せた気がする。
[PR]
by piroracing | 2005-06-07 14:33 |
<< 繊研新聞 株式会社ニュートリション・アクト様 >>